BIOGRAPHY

2002年生まれ、宮崎県在住のシンガーみゆな。

2018年夏から地元宮崎や東京を中心に本格的に音楽活動をスタートし、17歳で異例の「FUJI ROCK FESTIVAL '19」に出演を果たす。

YouTubeによる「Artists to Watch 2019 ~注目の新人~」にて紹介され、さらに楽器メーカー"ギブソン"が全世界的に新しい世代(21歳以下)のギター・プレイヤーを育成するプラットフォーム「Gibson Generation Group(G3)」にて日本からみゆなが選出されるなど、活躍が期待された次世代ティーンエイジャーアーティスト。

2019年2月に1st ミニアルバム『眼』、9月には2nd ミニアルバム『ユラレル』をリリース。

力強いギターサウンドと歌声が響く「ふわふわ」や、日常で誰もが味わったことのある感情を中毒性のある歌詞で描いた「缶ビール」など、ジャンルを問わず様々な楽曲が収録されている。

2ndミニアルバムのリード曲となる「ユラレル」は吉岡里帆主演の映画『見えない目撃者』の主題歌に抜擢され、その他TVアニメ『ブラッククローバー』や『フェアリーテイル』など数々のアニメ主題歌も担当。

2019年11月には自身初となるワンマンツアー「みゆな TOUR 2019 -ユラレル-」を全国5箇所にて開催し、チケットは全会場即SOLD OUT。

2020年8月にはコロナ禍の中、地元宮崎を中心に制作をしたグルービーな楽曲「あのねこの話 feat.クボタカイ」をリリースし、同年10月には「音楽は止めない」という想いの元、SNSを通してファンと楽曲制作をし、時代を生き抜く自分へ。そしてファンへの「返事」という想いが込められた、3rdミニアルバム『reply』をリリースした。

2021年9月29日には約1年ぶりとなる「神様」の配信リリースが決定している。
そして11月24日にはワンマン生ライブ配信『Delete→再開』を開催予定。公式YouTubeにて視聴可能。

『不透明な世の中』に巻き起こる様々な感情や孤独を鋭く鮮烈な詞で歌い、聴く人の感情を揺さぶる。日々変わりゆく世の中と共にこれからも進化を続ける。